ターバン野口ってなんだろう?ターバン野口の作り方!


TOP     管理人情報     免責事項     お問合せ

野口英世についてカテゴリ一覧>

野口英世について

野口 英世(のぐち ひでよ)1876年11月9日 - 1928年5月21日
 

日本の細菌学者。学位は医学博士(京都大学)、理学博士(東京大学)。その他、ブラウン大学、イェール大学より理学博士を授与されている。称号はエクアドル共和国陸軍軍医監、名誉大佐。

黄熱病や梅毒等の研究で知られる。また、コッホから始まる細菌学的医学の最後の一人ともいわれる。

ガーナのアクラで黄熱病原を研究中に自身も感染して51歳で死去。 2004年より発行されている日本銀行券のE号千円札の肖像になっている。

彼は3度にわたってノーベル医学賞候補に名前があがっていたが、受賞は取り逃している。また時代は細菌学から、まだ発見がなされていなかったウイルス学への移行が始まっていたのも野口にとっては逆風であった。
科学史の上では、野口は電子顕微鏡でしか見ることのできないウイルスを当時可能なあらゆる方法を用いて必死に追いかけ、その結果、業績をあげることが出来なかった。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。